屋根の形

屋根と言っても様々な形があります。三角の屋根、平らな屋根、それぞれ名前がついております。
いざ屋根の工事をするとなったときに、平米数が同じでも屋根の形によって多少の金額の差が出てきます。

切妻(きりづま・きりつま)

シンプルな八の字の屋根です。
メリット:雨漏りのリスクが少なく、屋根裏のスペースを広く確保できるので換気性が良い
デメリット:立地によっては太陽光パネルを乗せても発電効率が悪い

寄棟(よせむね)

三角形と台形からなる屋根です。
最近では切妻と同じくらい多い屋根の形です。
メリット:屋根の面を4方向から寄せて支えあっているため、一番耐風性があり、台風や強風に強い
デメリット:棟と隅棟の取り合い部分(Y字部分の中心)が雨漏りの入り口になるケースが多く、こまめなメンテナンスが必要

方形(ほうぎょう)

寄棟の頂点部分が1点のピラミッドのような屋根です。
メリット:雪や雨を四方に分散できる
デメリット:正方形の家でないとできず、ソーラーパネルの設置が難しい

片流れ(かたながれ)

切妻を半分に切ったような屋根です。
メリット:コストが安く、高い位置に窓を取り付けることができるので部屋を明るくできる
デメリット:耐風性が低く、雨樋への負担が大きくなる

入母屋(いりもや)

切妻と寄棟を合わせたような屋根です。
メリット:耐風性、断熱性、通気性が高い
デメリット:接合部分が多く、こまめなメンテナンスが必要。

陸屋根(りくやね)

勾配がほとんどない平らな屋根です。
メリット:掃除やメンテナンスが楽で、屋根のスペースを有効的に使える
デメリット:勾配がないので排水をきちんとしないと水が溜まってしまう

腰折れ屋根(こしおれやね)

切妻の勾配に段階を設けた屋根です。
メリット:途中から勾配が急になるため、水はけが良いので苔などの発生を抑えることができる
デメリット:雨仕舞処理がしっかりできていないと、勾配の変わるところから雨漏りが起きやすい

屋根に関する相談をしてみる♪

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

    お電話によるお問合せはコチラ♪