アスファルトシングル

アスファルトシングルはガラス繊維機材にアスファルトを配合して石粒をコーティングしたシート状の屋根材です。
耐用年数は10~30年ほどです。主にアメリカやカナダで使用されている屋根材ですが、軽量で価格も安く、施工しやすいため最近は日本でも人気となっています。

アスファルトシングルのメリット

施工しやすい

アスファルトシングルは施工性が抜群に優れています。アメリカでは素人でも施工できる屋根材として認知されており、国民の多くがDIYでアスファルトシングルを葺きます。アメリカのホームセンターに行くと必ずアスファルトシングルが並べて販売されています。最近では日本のホームセンターでも取り扱うようになっています。
シート状であるため、丸型(ドーム状)の屋根にも容易に施工ができます。落下事故による被害が他の屋根材より比較的低いこともメリットのひとつです。コンクリート下地との相性もよく、10階建てのマンションなどの高層建築物にも使われています。

屋根の軽量化

アスファルトシングルはとても軽い屋根材です。建築基準法でいうところの「軽い屋根材」に分類されます。重さは1平米あたり約9kgです。カラーベストの半分の重さになります。屋根が軽いということは耐震性の向上につながります。

豊富なデザイン性

アスファルトシングルにコーティングされている石粒にはさまざまなカラーバリエーションがあるため、お好みの色やデザインが楽しめます。屋根材にこだわりたいという方におすすめです。

アスファルトシングルのデメリット

金属屋根や瓦屋根に比べて耐久性が劣る

強風で飛散したアスファルトシングル

紙面のカタログやインターネットではなかなか伝わりませんが、実物を見比べてみると他の屋根材との違いがよくわかります。アスファルトシングルはペラペラな印象を持たれる方が多いです。
ひとことで表すと「ゴムのシート」です。
アスファルトシングルは軽量なので強風によって飛ばされたり、剥がれたりする可能性が高いです。破損箇所がないかなどの定期的なメンテナンスが必要です。

カビがはえやすい

アスファルトシングルは湿気に弱いため、カビが生えやすくなります。見た目にも悪いですがカビを放置しているとアスファルトシングルの劣化が進み、雨漏りの原因にもなってしまいます。
カビが発生したら屋根を洗浄して、色が落ちている箇所は塗装するようにしましょう。

アスファルトシングルの相談をしてみる♪

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。